職場の温度管理

メンズ

動きやすい温度

季節の変わり目など温度変化が激しいですが、職場は一定温度に保ってもらいたいもの。企業としては社員がより良く働けるように冷暖房完備はされていると思いますが、1度エアコンやヒーターを設備してしまうと使用費用の削減がしにくい物でもあります。使用場所によって暖房の電気代に大きな差が出てきます。狭い空間や短時間だけ暖める場合は電気ストーブやセラミックファンヒーターの方がエアコンよりも使用費用を抑えることが出来ます。広い店舗などの広範囲になるとヒーターよりもエアコンで暖めた方が安くつきます。カウンターが有るお店や美容室では、暖カウンターを使用すると足元が暖かく快適に過ごしてもらえるので導入を検討しても良いと思います。図書館では音が静かなヒーターが好まれます。飲食店では、風の出ないヒーターを選ぶとホコリを巻き上げてしまう心配が無いので最適です。色々なヒーターの種類があるので、何処にどんな風に誰に対して使用したいのかを明確にした後、暖房器具を選ぶ様にしましょう。暖かく過ごしたい場所の特定が出来たら、どの暖房器具が1番安く日々稼働して使うことが出来るのかシュミレートしてから、暖房器具を設置しましょう。1度設置してしまうと変更しにくい物なので、設置する前に色々な種類の暖房器具を比較検討して下さい。それぞれの場所に相応しい暖房器具が見つかると思います。決まったらどれだけの使用費用がかかるのか提示して貰って下さい。

PICK UP

男の人と女の人

用途はさまざま

酸化チタンは、多くの用途で使用されていますが、その違いは粒子の大きさや表面加工を変えることによってその違いを生み出しています。そのため、使い分けについては、インター上でも連絡を取ることが可能な専門業者に相談することが確実です。

詳しく見る

メンズ

職場の温度管理

暖房器具を配置する場合はエアコンが得意なのかヒーターの方が安くつくのか、設置場所と暖かくしたい空間範囲を確認してから暖房器具を選びましょう。1日に何時間も使用する暖房器具だからこそ使用費用と稼働音の確認も重要になってきます。

詳しく見る

女性

優れた特性を持った材料

アクリル板は身近にある材料ですが、優れた特性を持っています。透明度が高く、高級感があります。またアクリル板は加工がしやすいのも特徴で表面強度も高いので屋外で利用した場合でも問題なく使うことができます。

詳しく見る