用途はさまざま

男の人と女の人

専門家に相談

世の中には、さまざまな物質があり、特性を生かして適した分野に利用されており、酸化チタンについてもそれが言えます。酸化チタンは、その粒子の大きさによって、特性が違ってくるため、どういった用途で使用されるかによって使い分けがされています。200〜300ナノメーターの粒子の酸化チタンについては、顔料として使用されることが多く、自動車、建築、車両、橋げたなどにも使用されています。一方で、ナノ酸化チタンといわれている、目安として100ナノメーター以下のものについては、透明性が出てくることからフィルムなどでも利用されています。また、酸化チタンは紫外線を吸収する能力が高いことが知られており、微粒子を使用し、単位重量当たりの粒子数を増やすことで、紫外線遮断力を増やすことができるのです。そのため、日焼け止めクリームなどの紫外線を遮る必要があるときに使用されることが多くなっているのです。さらに、粒子の大きさだけではなく、表面の加工方法を変えることにより、さらにその用途は広がっており、コピー用紙からダンボール紙、看板やスーパーの買い物袋など、生活にも密着したところでも使用されています。これらの酸化チタンの性能や用途や適性については、専門業者の意見を確認して使用することが重要です。既知の業者がいない場合でも、インターネット上には酸化チタンの用途を示すデータも多くみられることから、問い合わせをしてみるとよいでしょう。

PICK UP

男の人と女の人

用途はさまざま

酸化チタンは、多くの用途で使用されていますが、その違いは粒子の大きさや表面加工を変えることによってその違いを生み出しています。そのため、使い分けについては、インター上でも連絡を取ることが可能な専門業者に相談することが確実です。

詳しく見る

メンズ

職場の温度管理

暖房器具を配置する場合はエアコンが得意なのかヒーターの方が安くつくのか、設置場所と暖かくしたい空間範囲を確認してから暖房器具を選びましょう。1日に何時間も使用する暖房器具だからこそ使用費用と稼働音の確認も重要になってきます。

詳しく見る

女性

優れた特性を持った材料

アクリル板は身近にある材料ですが、優れた特性を持っています。透明度が高く、高級感があります。またアクリル板は加工がしやすいのも特徴で表面強度も高いので屋外で利用した場合でも問題なく使うことができます。

詳しく見る